超臨界装置一覧

型式 品名 特徴 仕様 詳細
(PDF)
TSC-WC型 窓付超臨界CO2流体実験装置 液化炭酸ガスを超臨界流体として使用した試験研究用のシステムで、コンパクトで扱いやすい設計です。抽出容器本体は透過率の高いサファイアグラスを装着し、超臨界抽出状態を目視できます。 ・材質:SUS-316
・最高使用圧力:35MPa
・最高使用温度:200℃
TSC-0011型 超臨界実験用高圧容器 本器は超臨界流体として安価・不燃・無毒といった点で着目されている水を使用するためシール機構、容器材質等十分に検討を加えた設計になっています。 ・材質:Alloy22
・最高使用圧力:45MPa
・最高使用温度:450℃
TSC-W型 超臨界分光セル 本器は液化炭酸ガス及び水の超臨界状態における分光セルとして開発されました。形状は圧力・温度を基準にした上で、分光器に合わせて新規に設計可能です。 ・本体材質:SUS-316
Alloy22・インコネル等
・最高使用圧力:10MPa〜40MPa
・最高使用温度:400℃
詳細
TSC-006型 流通式超臨界分光セル ポンプにより水等の媒体を予熱器を経て反応容器に仕込み、あらかじめ反応容器に入れておいた対象物質を、超臨界状態で反応、分解及び燃焼させることができる構造です。 材質:Alloy22
最高使用圧力:40MPa
最高使用温度:550℃
TSC-WC-0015型 超臨界CO2分光セル セル本体、液化炭酸ガス送液ポンプ、コンデンサー、冷却循環槽を一つの架台にまとめたコンパクト設計です。窓付きですので超臨界状態の観察や光学分析が可能です。 材質:SUS316
最高使用圧力:25MPa
最高使用温度:200℃